子供会日誌

ぽくのかわいい子供たち、ことによると、ぽくがこれから言うことは、きみたちにはわからないかもしれません、なぜって、ぽくの話しぶりはどうかするととてもむずかしくなるからです。でも、それでもぽくの言葉をしっかりと覚え込んで、将来いつかその言葉に同意してください。いいですか、これからの人生にとっては、何かの美しい思い出、なかでも子供のころ、両親の家で過しているころに胸に刻まれた思い出こそが、何よりも尊い、力強い、健康な、有益なものになるのです、それ以上のものはありません。きみたちは教育についていろいろ聞かされるでしょう、けれど、子供のころから持ちつづけられる、何かすばらしく美しい、神聖な思い出、それこそが、おそらく、何よりもすばらしい教育なのです。もしそのような思い出をたくさん身につけて人生に踏み出せるなら、その人は一生を通じて救われるでしょう。そして、そういう美しい思い出がぽくたちの心にはたった一つしか残らなくなるとしても、それでもいつかはそれがぽくたちの救いに役立つのです。(ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」より

毎月第2土曜日、朝8時から9時まで正信偈のお勤めをして
ゲームをしたり、ビデオを見たり、お寺を探検したり、老人の日に出すはがきを書いたりして楽しみます。
8月と、本堂が寒い1月から3月はお休みします。


定例事業

○4月には歓送迎会をやります。たとえば

○朝の学習会
 
 宿題は、あさのすずしい時間に、はじめましょう。みんなで、やりましょう。
 お寺の本堂に、筆記用具と宿題をもって、あつまってください。
 
 夏休み7月下旬の2日間 あさ8時から9時まで
 
 
○夏休み児童研修大会への参加のおさそい
 
 「ともだち」をテーマとして、富山教区児童研修大会が二泊三日で開催されます。
 集合地までの行き帰りは、車でお送りします。
 玉永寺副住職がスタッフとして参加いたします。
 関心のある方は、どうぞお気軽に
            ご連絡ください。
 
(例)1999年 7月29日(木) 12:00〜7月31日(土)13:00
 
場所  『剣青少年研修センター』
    富山県中新川郡上市町伊折
  
対象  小学3年生〜6年生
 
参加費 1人10,000円(宿泊費、食事代込み、ただし初日の昼食を含まず)
 
申し込み先 玉永寺    締め切り 7月20日
 
○7月の子供会は10日です。 なお、8月は、お休みさせていただきます。

9月かな。みんなでアニメを見ました。


「1999年さようならと感謝の集い」へ 2001年さようならと感謝の集い 2002年さようならと感謝の集い